キャッシングの審査について

キャッシングの審査について

このページではキャシングの審査において当ホームページの管理人が実際に体験したことに基づいて記事をかいています。
借入れを行う際に審査は必ずあります。

審査なしという言葉を見かける事がありますがそういった類は闇金という部類に属するものがほとんどでしょう。
通常、お金を貸す時、相手がどんな人物か調べもしないで貸し付けを行うことはしないと思います。
いくら金利=貸し付ける側が利益が出せるといっても返済がきちんとされずに貸し倒れしてしまっては利益どころか損失を出してしまいます。

それでは審査について書いていこうと思います。
審査には申込用紙に記入する事が一般的です。
氏名、年齢、住所、性別など一般的な事が求められます。
この辺は難しいことはないので間違えなくしっかりと書きましょう。
職業を書く、項目があります。
こちらも嘘は記載せず、現在の職業を書くようにします。
アルバイトやパートだと審査に通らないと思う人がいるかもしれませんがそのような事はありません。
1つの目安が年収ですので職業はしっかりと本当の事を記載しましょう。
そして年収を記載する項目もあります。
身近なキャッシング会社では所得証明書などの提出は求めない場合が多いです。
1つのめやすとしては借入額が100万円を超えると証明書の提出を求められます。
10~30万円程度では証明書の提出をしなくて良いところがほとんどです。
近年では不況の影響もあり、年収が低い方もいると思います。
自分は平均より低い年収なので上乗せして書いてしまおうとは思わない方がいいです。
正直と現在の年収をきちんと記載しましょう。

また、1つの大きなポイントとして他社借入額というものがあります。
ここでは他に借金を現在しているか?という内容を確認するためです。
現在は年収の1/3を上限としているので、仮に年収が300万円だとしたら借入額の上限は90万円までとなります。
これはあくまで目安なので必ずしも1/3ではありません。

ただ、ここでいう上限額とはこれから申し込みをするキャシング会社ではなく、これから申し込みをする会社と既に申し込みを終えて借入れている額の合計額となります。

簡単な説明ですと上限90万が目安の方が既に90万円の借り入れを行っていると新たな会社に申し込みをしても上限額に既に達しているという判断がされ、審査に落ちてしまします。

もし、あなたが他社から既に借り入れがある場合は正直な金額を記載してください。
他から既に借金があると審査には不利になります。しかし、嘘を記載するともっと不利になるのです。
結論としては嘘がばれてしまうからです。
金融会社は必ずと言っていいほど、信用情報機関に加盟しています。
金融会社は申し込みされた内容をこの加盟機関に照合します。

そして、記載されていた内容と異なる結果だった場合、この申込者は嘘をついているという事で本来は審査を通る方でも審査に落ちてしまいます。

年収は多く、他社借入額は少ない方が審査は有利に進みます。
しかし、虚偽の申請は見抜かれてしまい、審査が通りません。
一度審査に落ちてしまうと、1か月後に新たに申し込みをしても通ることはかなり難しいです。
通常、申し込みをした履歴が信用情報機関に残ります。
その履歴が消えるまでは半年かかると言われています。
半年、経過すれば履歴は消えるかもしれませんが、同じ金融会社に審査を申し込んでも以前に虚偽の内容で申し込みをしたとされ、審査を通過する事は難しいでしょう。
その場合は、違う金融機関に申し込みをすることをお勧めします。

結果的に申込書の内容は嘘はばれない、少しくらい自分の有利になる数字に変えてしまおう!とは思わず。しっかり本来の内容を記載する事です。
間違って理解している人もいるようですが少しくらい自分の有利になる数字に変えても大丈夫と思っている人がいますが、実際には有利にならず、逆に不利になり、自分で自分の首を絞めていることになります。

このような失敗のないように正確に記入していきましょう。

もちろん、名前や年齢などもごまかすことなく、しっかりと書いていきましょう。